Googleしごと検索とは

Googleしごと検索(Google for Jobs)とは?Googleの求人情報検索サービスです。例えば、八ヶ岳 バイトで検索すると、検索結果に下記のように求人サイトの情報をまとめた内容が表示されるようになります。

Googleしごと検索に移動します。

Googleしごと検索は、求人系のキーワードの検索結果で最上位に表示されます。そのため、無料求人媒体に求人を掲載していてもGoogleの検索結果からのアクセス数が増大する可能性を秘めています。例えば、地域名+バイトで検索すると、バイトルやフロムAやマイナビなどの有料求人サイトと一緒に、自社サイトの求人ページやハローワークやIndeedなどの無料媒体も一緒にGoogleしごと検索がまとめて表示させてくれます。

これにより、自社サイト求人ページを作って無料で求人募集を行った場合も高い効果が期待できるようになりました。これは、非常にインパクトがあることで人材系企業の売り上げや株価が下がるともいわれています。

Googleしごと検索を使って無料で効率的に求人を行う方法

自社サイトで求人ページを作成するだけでは、駄目です。Googleしごと検索に、自社サイトの求人ページを認知してもらうようにしなければ、Googleしごと検索には表示されません。

もしも現在、自社求人サイトがあるならば、次の方法で、Googleしごと検索に自社求人サイトが表示されるようにすることをおすすめします。

Googleしごと検索に自社求人サイトを表示させる方法

自社求人サイトをGoogleしごと検索に表示させるためには、構造化データをマークアップさせます。構造化テータは、Googleのガイドラインに準拠した構造化データを作成し、それをマークアップします。

Googleしごと検索公式サイト

構造化データーが、どういうもかか知りたい方は、こちらのサイトが参考になります。

求人情報構造化データジェネレーター(JSON-LD)ツールを提供しているサイトはこちらです。
求人情報構造化データジェネレーターとは、Google for Jobs掲載に必要な求人情報の構造化データを生成するツールです。

これで有料サイトを使わなくてもインターネットで求人が簡単にできる可能性が非常に高くなり注目されています。

求人効率を倍増させる30のヒントチェックリスト

1 採用広告の写真は自社の社員の笑顔が見えるか?(歯の見える笑顔)
2 一つの広告には一つの業種にしているか?
3 給与の幅は大きくないか。(〇〇円~〇〇円の差)
4 広告内に理念、モットーなど自社の情熱を訴えるポイントはあるか?
5 広告内に自社の強み、又は自社の得意なことについて書いてあるか?
6 マスコミ掲載があれば、載せてあるか?
7 会社名で事業内容が分からない場合、事業内容を明示してあるか?(職種ではない)
8 近隣同業他社との給与差、休日差は把握して掲載しているか?
9 「応募前に弊社ホームページの採用情報をご確認ください」を書いてあるか?
10 採用地域と連絡先は一致しているか?(採用地は支社、連絡先は本社は反応落ちる)
11 自社のホームページがあるか?
12 自社のホームページに「採用」ページを作っているか
13 自社サイト 会社概要 1)社長の顔写真、メッセージはあるか?
14 自社サイト 会社概要 2)会社の沿革は掲載しているか?
15 自社サイト 会社概要 3)社訓、ミッション、理念は掲載してあるか?
16 自社サイト 会社概要 4)地図は掲載してあるか?交通手段は書いてあるか?
17 自社サイト 会社概要又は別のページにて 社員紹介はあるか?
18 自社サイト 採用ページ 1)募集要項の明記
19 自社サイト 採用ページ 2)社員紹介とインタビューを掲載しているか?
20 自社サイト 採用ページ 3)職場のイメージ画像を掲載しているか?
21 自社サイト 採用ページ 4)一日の仕事の流れを画像入りで紹介してあるか?
22 自社サイト 採用ページ 5)入社後の流れを掲載しているか?(仕事+手続き)
23 自社サイト 動画で会社紹介をしてあるか?
24 グーグルアナリティクス等分析ソフトで求人広告後のサイト訪問者分析はしてあるか?
25 採用の連絡先に担当者名がフルネームで入っているかどうか?(性別が分かるように)
26 スマホ対応ページになっているかどうか。
27 会社のブログがあり、情報発信をしているか?
28 複数媒体での募集をしているか?(求人広告、ハローワーク、業界紙、専門誌)
29 会社の情報を提供する7日間のステップメールの配信をしているか?
30 会社の想い、事業内容、仕事内容の小冊子プレゼントをしているか?

自社サイトで求人ページ制作のご相談はこちら