スマホランディングページが簡単に作れる

スマホランディングページが重要な理由

総務省の調べでは、インターネット接続は、スマートフォンがパソコンを上回ったことがわかった。

総務省が5月25日に発表した2017年通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器は、スマートフォンが54.2%を占め、PC(48.7%)を初めて上回った。年代別にみると、特に20~29歳ではスマホが87.8%、PCが63.8%と差が出た。一方、60歳以上はPCがスマホを上回っている。

出典元 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/25/news124.html

リザーブストック、スマートフォンページの設定

ここからは、リザーブストックの設定の話になります。

リザーブストックでスマホページを設定するときに覚えておくと便利な箇所があります。それはスマホページは、メニューに表示させる文字列を変更できる点です。

該当箇所はリザーブストックにログインをすると左に管理ページのメニューボタンが並んでいます。

①全体設定→画面デザインを選んでください。

②デザインページの一番下に行くとスマホメニュー文字列とあります。左側が通常の文字列です。右側の白枠内にテキストを入力することでスマホ版は文字列を変えることができます。

汎用フォームを使ってランディングページが簡単につくれる

リザーブストックの汎用フォームは、PC版ではお問い合わせとフォームとして使われています。PC版は、フォーム数を増やしてもメニューに表示させることが出来ない仕様になっています。

しかし、スマホ版は、汎用フォームを表示する、表示しないの選択ができるため汎用フォームでランディングペーがHTMLの知識がなくても簡単にサクサクとつくれます。

汎用フォームは、決算機能も付いているので、ランディングページとして役割を果たしてくれます。決済機能を使うためには、ペイパルとの連動の設定が完了していなければなりませんが、ペイパルとの連動の設定が完了していればリザーブストックの設定画面で価格を設定するだけで、お申し込みした方に自動でペイパル決済の案内が表示され、決済も自動で行ってもらえる仕組みが簡単につくれます。ペイパルの設定方法はこちらに詳しく書かれています。

テキスト入力と設定だけでランディングページがつくれる

リザーブストックは、HTMLの知識がなくても簡単にスマートフォン用のランディングページがつくれます。

無料から始めることができるので、便利なツールです。

関連記事一覧

PAGE TOP