キャッシュレスとは

今、キヤッシュレス化が急速に広がりつつあります。お財布を持たずに買い物に出かけても、スマホがあれば買い物ができる。

元気を持たなくても買い物ができる。万が一スマホを落としても止められる。小銭を出さなくてもいい。安心。利用明細も全て残るので便利。

事業者側も、データーが残るので会計処理や経理の手間が大幅に省けるて便利。また、売り上げ現金をレジや金庫に入れておく必要がないのでセキュリティー対策にもなる。

また、2020年東京オリンピックでは世界中から外国人観光客が来日します。現金処理は、混乱すること懸念されていますが、キャッシュレス化、通貨の違いの問題も解決されます。東京オリンピックを目前と日本では、キャッシュレス化は、急務の課題です。

キャッシュレス化で売り上げ増加した中小企業も増えています。素早くお会計できるから、その分接客に力を注ぐゆとりができるなど喜びの声も多くあります。

キャッシュレス消費者還元事業とは

1.本件の概要

平成31年度政府予算案に盛り込まれた「キャッシュレス・消費者還元事業」(ポイント還元事業)は、平成31年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援するものです。
経済産業省では、ポイント還元事業の円滑な実施の観点から、当該事業に参加するキャッシュレス決済事業者の仮登録の受付を開始しました。(※本事業は平成31年度予算が成立した場合に施行されます。)
登録期間は本日(3月12日)より3月20日までとなります。詳細については以下をご参照ください。

引用元 経済産業省HPhttps://www.meti.go.jp/press/2018/03/20190312003/20190312003.html

つまり、日本のキャッシュレス化を勧めるために、経済産業省とキャッシュレス推進委員会が中小企業と消費者を支援するのです。

支援の内容、消費者へは、キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元。事業者へは、キャッシュレス決済の導入を支援。

キャッシュレス化消費者還元事業サイト